TOP > SUPPORT> オンラインマニュアル

[WEB関連全般] [FTP関連] [メール関連] [CGI等技術関連・設定情報] [ご契約関連・その他]

CGIなど技術関連・設定情報


●Perl・sendmail等の各種設定情報

実行できるCGIプログラムは、PERL、AWK、シェルスクリプト、C言語で 書かれたプログラムになります。
必要なI設定情報は以下の通りです。(gzip圧縮対応)

Perlのバージョン:5.005_03以上
Perlへのパス:/usr/bin/perl
sendmailへのパス:/usr/sbin/sendmail
 2001/7以前のご契約者様/usr/lib/sendmail
gzipへのパス:/bin/gzip
nkfへのパス:/usr/local/sbin/nkf
\uuencodeのパス:   /usr/bin/uuencode
シェルコマンドcpのパス:     /bin/cp


●CGIが動作しません。(エラーコード一覧)

CGIプログラムが動作しない大半の原因は、パーミッション設定が間違えているケースが殆どです。
弊社サーバにおいてはCGI動作許可ディレクトリも特に定めてなく、各ディレクトリでCGIが動作し、 パーミッションの変更操作が
自由になっております。 まずCGI作者様指定するパーミッション設定をご確認ください。

それでも解決しない場合は・・・
  • Perlへのパスはあっていますか?
  • アップロードする際の”所有者”権限を確認してみてください。
  • jcode.plなどの必要ファイルがあるべき場所に置いてありますか?
  • スクリプト編集の際に:や;などを間違えて削除していませんか?
●CGIのエラーチェックには下記のようなツールが便利です。
エラーになっているCGIの行番号を表示させる便利なツール。
Perlチェッカー(フリーソフト) 作者 あっぽー氏
http://appoh.execweb.cx/

-参考-エラーメッセージ・コードによる原因考察

 
▼ 401 Authorization Required
(パスワード認証のユーザー名もしくはパスワードが正しくない。)
■原因
  • アカウントもしくはパスワードに全角文字が入っている
  • 文字の前後にスペースが入っている為認証できない。
  • パスワードファイルが見つからない。
  • パスワードファイルの書式が違う。
▼ 403 Forbidden
■原因
  • パーミッションの設定に問題がある。
  •  .htaccessによるアクセス制限がかかっている。
▼ 404 Not Found
■原因
  • URLの指定に問題がある(全角/半角、大文字/小文字など)
  • リクエストしたURLが存在しない
▼ 500 Internal Server Error
■原因
  • .htaccessの書式に問題がある
  • CGIが正しく動作していない(CGI内部のエラー)
  • CGIファイルやディレクトリのパーミッションが異常
  • 改行コードや、漢字コードがおかしい
▼ CGI Permission/Execute Error (directory is writable by others)
■原因
CGIを置いている上位ディレクトリのパーミッションが他人による書き込みを許可しているため
エラーが出ている。
▼ CGI Permission/Execute Error (file is writable by others)
意味
  • CGI パーミッション/実行エラー
  • CGIファイルが他人によって書き込める状態になっている
■推定原因
CGIファイルのパーミッションが他人による書き込みを許可している為、動作していない。
▼ 503 Service Temporarily Unavailable
(一時的にサービスを提供することができません)
■推定原因
お客様ウェブへのアクセスが多すぎる、またはCGIが動作不良。
▼ CGI Execute BUSY!! (お客様のCGIへのアクセスが多すぎる)
■推定原因
CGIが動作不良を起こしている

●認証ページの設置/アクセスの制御について

弊社サーバでは.htaccessを使った認証ページも設置できますが、 CGIプログラムを利用した認証システムも
フリーの物が多数あります。
お客様の用途、好み・スキルに合わせて設置されればよいでしょう。

※htaccessはWEBサーバーの設定部を制御するファイルですので、誤った記述をいたします と、
Internal Server ErrorとなりWEBへのアクセスが一切できなくなってしまいます。 ご使用に際しては十分注意下さい。


以下の.htaccessを使った認証/制御が可能です。

 
Basic認証
データファイルのMIMEタイプ定義(CGIプログラムファイル不可) アクセス制御(Allow、Deny)
※.htpasswdでユーザ認証を行う場合は .htaccessファイル内に下記記述をして下さい。

AuthPAM_Enabled off

エラーメッセージ制御
ディレクトリエリアス

CGIを使ったアクセス制限

いろいろなものがフリーで配布されています。
KENTWEB
http://www.kent-web.com/pwd/
最後の良心
http://www.skipup.com/~fuka/

●symlink関数は使えますか?

CGIスクリプトにおいて、ロックファイルの設定で、「symlink関数」と「mkdir関数」で設定方法を選択形式にしている場合があります。
symlink関数使用不可な環境でsymlink関数を使用するとCGIが異常終了を起こしてしまいます。
mkdir関数はsymlink関数に比べて処理が遅いという欠点があり、特に同時アクセスを防止するロック処理では、
できるだけこれを高速に処理したほうがいいことから、「symlink関数」を使うのが一般的です。
弊社サーバー(一部を除く)ではsymlink関数を許可しております。

なお、以下のサイトでsymlink関数の使用可否を判断するツールを配布しておられます。

KENT-WEB Symlink Checker
http://www.kent-web.com/utility/


●自分のサイトのフルパスを知りたいのですが。

弊社サポートまでメールにてお問合せください。
なお、お急ぎの方は以下のサイトでフルパスを確認表示できるツールを配布しておられますので
ご利用されれば即時に判断可能です。
KKENT-WEB FullPath Viewer
http://www.kent-web.com/utility/

●どうしてもCGI等の設置がうまくいきません。

当該CGI作者様の指定どおりの設定をお試しになってもうまくいかない場合は、 以下の順序で問題解決をしてください。
  1. 作者様サイトのサポートページを隅々まで参照する。
  2. 当該CGIファイルの拡張子を”.txt”にしてサーバ内にUPし、外部から ソースが見えるようにした上で、
    作者様サイトのサポート掲示板で 意見を求めてみる。
    ※ただし、作者様にスクリプトをメールで送信したり、個別に作者様にサポートを依頼する行為は控えましょう。
    無料でCGIを公開している作者様の多くはインターネット上に自分の技術を公開することによって、
    全体のネット技術の向上に役立たせようという主旨でCGIを制作しておられます。
    ついては不具合の個所なども公開して、情報の共有を図らなければ全体のためになりません。
    上記の順序・手順が面倒な方、この主旨が理解できない方は有料のサポート付CGIをご利用されることを
    お奨めいたします。
  3. サーバ側問題を指摘された場合弊社サポートまでお問合せ下さい。
  4. 上記の手順を全てお試しになった、または省略されたいお客様は弊 社での設置代行サービスをご利用ください。
    (有料 2,000円〜)

Copyright(c)1999-2004 Masterweb.All Rights Reserved 会社概要  運営方針・規約  プライバシーポリシー